ヨガのしごと

ヨガを仕事にするには。
というタイトル(?)で、コンサルタントをしてる人がいます。
信用するちょして、あの人たちに相談したら集客が出来るようになるのか。

ヨガって、資格がない方でも開設できてしまう教室だという真実を
みなさんご存知でしたか?
そこで学んでポーズを覚えたとしても、
資格もなにもない素人に教えてもらい月謝を払うなんて
ちょっとおかしいですよね。

なのでヨガを教えるといっても、人間性が大事になるのです。

ヨガのコンサルタントといっても、人間性を磨くというところに尽きるのではないかな。
結局そこではないかと思うのです。

ヨガをおしえるのがじょうずなことはもちろんですが、
もし、
その人が影でタバコをすっていたら???

ヨガのせんせいがタバコだなんて、、ねぇ??

そういう、基本的なところができているとして、
あとは人間性を上げていくしかないのですよね。
コンサルタントでそこを引き出してくれたらいいのですが。。。

離婚調停

知り合いにも何人もいますけど、離婚するときに調停になった人、、、
大変ですねー。
家庭裁判所もいます、すんなりいかないものなのだ、なにかとあって。

そんな時に高橋ジョージさんのことを聞きました。
離婚後は裁判、マスコミ対応と極限のストレス状態が続いて、
家具が少なくなり、空っぽになった豪邸での一人暮らしだとか。

かつて、理想の夫婦ランキングで3年連続1位に輝いたことは昔の話で、
今では食事はもっぱら弁当屋で、メニューを全て制覇しているという、、、

あーかわいそう。。

理由は分からないけど、この人も相当寂しそうですねー。
そう、、、寂しくなるみたいです、離婚すると。
特に男性は。

そこに調停なんかが入ると、それはストレスでしょうねー。
とはいえ、男女の仲はそのふたりにしか分からないのだ。

がんばりましょーー。

ZOOMか・・

今って、スカイプのようなアプリがたくさん(?)できてるみたいで、
最近聞いたのではZOOMというのがあるらしい。

メリットとデメリットがあるらしいけど、どんどん新しいのが出てきてるのだけは確かですね。

パソコンでの使用がメインとなるzoomですけど、
基本的な設定はほぼ自動的にパソコンがやってくれます。
細かい設定などはすでに一通り終わっているので、自分がやる作業は基本的にzoomを起動するだけ。
あとはほぼ何もしません。

あとはスカイプ同様にお話しが出来る、ということらしい。

Skypeでお話ししましょう、っていうと、ZOOMでお願いします、って人もいるらしい。

(相手がそれでお願いします、っていってるのに
他のアプリで言ってくるなんてルール違反だ)

なんか、いっぱい出てきて困るなー。

とはいえ、私も逆に「今はズームですから!」って言われてしぶしぶ(?)アプリを入れるんだろうなー。

髪の毛を洗わないと

昔は1日でも髪の毛を洗わないと気持ち悪くてどうしようもなかった。

でも今は1日おきくらいでも平気になりました。
けっして汚いのに慣れたのではなくて、髪の毛がそれでよくなった、って感じ。
傷みも少ないです。
そもそもシャンプーは毎日すべきじゃない。

実際にシャンプーが日本に到来したのは大正から昭和初期の時期で、
花王が販売したシャンプーで一気に国民に広まったんですよね。
まだそんな昔のことじゃない(??)、
昔(!)は毎日髪の毛を洗ってなかったんだし。。

それまで髪の毛を結っていた江戸時代のシャンプー事情はと言うとー。。。

1ヶ月に1回、米ぬかや小麦粉で頭皮の皮脂を落としている程度、、、
だったんですって。。。。
今の人は
ひえーーー!かもですね。
(いや、私もよ)

なので昔は毎日洗ってなかったのです。

それが、毎日洗わないと警察に捕まるくらいの勢いになってる、、、どうなのこれ。

もし、洗わなくてもいいようなら、毎日あらうのをやめてしまうと、
あんがい髪の毛はツヤが出てきますよ。
お試しあれー。

すね毛

女性が嫌がる男性のファッションの第一位はショートパンツなんだそうです。
なんで??

すね毛が見えるから、だそうですけど、すね毛、、、嫌ですか?
すごい意外ですた。

腹毛(っていうのかな?)が見えるのも嫌みたい。
なんでそんな毛にこだわるの?
知らなかったーーー。

ファッションでいうと、
ダボダボもピチピチも女性からはネガティブな評価を受けているようです。
ダボっとした服はだらしなく、ピチピチの服は気持ち悪いという声があがっています。

また、細身の男性で着用している人の多いスキニーパンツは、
仮にサイズ感はあっていても「自分より足が細いなんて頼りない...」
という意見もあるようなので、要注意。

すごいですね、意外な意見ばかりでビックリです。

「毛」が見えるのはNGなんですね、基本的に。
でも、、どうしようもなくない?

毛があるからこそ暑い、暑いからショートパンツ、なんだもんね。

男性も大変ですな。

バリ島のベジタリアンのお店

バリ島bはヘルシー志向の人が集まるので、ヴィーガンやベジタリアン対応のお店も多い。
好きなお店はたくさんあるけど、やっぱり観光客価格なのでね、
なるべくローカルに行きます。
そのうえでベジタリアンを頼むのだ。
じゅうぶん美味しいし、なんといっても安いのがいい。

バスに乗って移動してまで有名なところに行く必要なんてない。
(昔は行ってましたけどねー)

有名なところ、といっても個人で「あそこは・・・・・」ってネガティブ意見もあるのでね、
ここでは書きませんが、
どこでもいいから試してみて自分のお気に入りを目指すといいと思います。

お気に入りを見つける前に変える時がくる、というのが忙しい日本人なのですが、
もし少しでも長期で滞在できるのであれば
頑張ってやってみてほしいなと思うのであります。
あ、ベジタリアンじゃない人には関係ないですけどね。

美味しいお店探し、も同じかなって思います。

どこでもそうですけど、自分の足で探す野が楽しいですね。

バリ島に限らす、です!
お互いにがんばりましょう(!)。

体格関係ある?

体格のハンディがあると、あのテニス選手の錦織君が行った(?)らしい。
関係ある?

「(芝での戦いは)簡単ではない。芝では良い結果が残せていない」 

ウインブルドン(芝生です)敗戦後に錦織自身がそう認めたように、芝のコートへの苦手意識は明らかのようです。
3回戦の対戦相手は、過去4戦全勝と相性の良いバウティスタ・アグート(スペイン)だったが、
10回を超すブレークチャンスを得ながら、2回しかものにできなかった。

試合を通じてアンフォーストエラー(凡ミス)を積み重ね、
タイムバイオレーションを取られるなど、いらだちは募るばかり。
壁にラケットを投げつけたりして、世界ランキング9位の早期敗退は「番狂わせ」と報じられました。

そして体格問題。。
そうかなー?

「素晴らしいショットを打つ錦織は誰よりも俊敏に美しく動き、コートの中でバレリーナのように飛び跳ねる」
と才能を高く評価しながらも、
「"残酷"な敗戦は身長178センチの錦織が2メートル近い大男を相手に、
4大大会はじめツアーでたえまなく激戦を繰り広げた末、ケガが相次ぎ、体をひ弱くさせた」
として、体格で劣る錦織がトップレベルで闘う「限界に来た」と報じています。

なーんだ、錦織君が言ったわけではなさそう?
そうだよね、そんなのいいわけだもん。

体格なんて関係ない、ってとこを見せてやればいいのだ!

ぽろぽろと。

顔からぽろぽろって、垢のようなものが落ちてきました。
汚いのか??

化粧品が合わないのかな、って思ったり。
ゲルを使用しています。
そしたらゲルについてこんな記述がありました。

ゲルには、「カルボマー」という合成ポリマーと「ヒアルロン酸Na」などの天然ポリマーが含まれています。
これらは乳化剤や増年剤、保湿剤の役割をするもので、高分子なので肌に直接浸透はしません。
スキンケア後の しっとりぷるぷるする感じ を作る膜のようなものです。
マッサージの前のスキンケアが肌にしっかり浸透する前にエンリッチリフトEXをつけることで肌滑りになり
ポリマーがポロポロ剥がれている可能性があります。
この場合は、しっかりとそれぞれのスキンケアを浸透させてからゲルをつけるようにすると良いかと思います。


ですって。

肌のバリア機能が低下していませんか?
例えば、生活習慣の乱れ(睡眠不足、疲労の蓄積、ストレス、栄養の偏り、ホルモンバランスの乱れ)、
ピーリング剤を頻繁に使用したり、コットンによる拭き取り化粧品を高い頻度で利用されていませんか?
紫外線や花粉なども肌のバリア機能を低下させます。
肌が弱っているとスキンケアの成分の浸透も悪くなります。

こちらの場合は、生活習慣を整えて、ビタミンABCEとコラーゲンをバランスよく食事やサプリメントで摂取したり、
保水と保湿をしっかりと行うなどで肌を回復させてみてくださいね。

なんだか結局はもっとたくさん化粧品使いなさい、みたい(!!)。

更年期とは

年齢を重ねていくと、どうしても出てくる更年期。
女性に多いですね。
更年期は誰にもおこるものでもなくて、軽い人、なにもない人、非常に重い人、いろいろです。

知り合いが、重い人、で、大変苦労してまして。
可哀想といっては失礼でしょうけど、どうすることも出来なくて私はもどかしい思いをしました。

更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、
卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少することですよね、

エストロゲンの分泌量が減ると、脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、
卵巣からエストロゲンを分泌するように促していく。

だけど更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないために
エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。

そして、ホルモンバランスの乱れによって「体のほてり(ホットフラッシュ)」
「大量の汗(スウェッティング)」などの症状が現れます。
これが更年期の症状。

苦しい人は苦しいですよーー、本当に。
鬱になるくらいみたいです。
でももし、「そうかな?」って思ったら、つまり症状があったら、医者に行くのも手ですね。

田舎に移住?

よく聞きますよね、田舎に移住って。
簡単なことじゃないけど、する人はいる。
大都会に住んでた人は最初は大変かもです、少し田舎で育った人ならまーまーいけるかも?
とはいえ、違うところに行くのは勇気がいる。

私も田舎が好きですが、なにか事情があってそこに引っ越すのは抵抗がないけど、
自分から「よし、あそこに住むぞ!」ってなったことがない。
田舎は好きだけどそこまで考えたことはないです。
それはきっと、育った環境がそこそこの田舎だったからかなって。

特別に田舎に対する想いはなく、行くなら行ってもいいよって感じですね。
田舎に住む素晴らしさって、都会に住んでた人じゃないと分からない。
都会暮らしだったからこそ田舎に憧れるわけで、
田舎で育った人はそういうこと考えないんですよね。

逆に田舎もんは都会に出たくなって、出るでしょ。違う?

どうしてこんな話をするかっていえば、あまりにも簡単に
「田舎暮らしっていいよねー」
なんて聞くからです。

じゃ移住するかっていえばそうではないのですが、そこから本当に移住しちゃって、
しちゃってから後悔してる人も多いって聞きました、だからです。

あまり簡単に移住なんて決めないほうがいいですよ、慎重にね。